肌の乾燥を防ぐ保湿クリームの使い方

保湿クリームと美容液はどう違うのでしょうか。一般的に美容液より保湿クリームの方が肌への美容効果が期待出来るといわれています。
医薬品や医薬部外品の保湿クリームには皮膚軟化剤とか保湿剤等があり、優れた保湿効果が期待できます。保湿成分だけでなく、肌に必要な栄養や香料などを含有しているものが美容液です。脂性肌もしくは普通肌の人のスキンケアならば、保湿クリームと美容液のどちらを選んでも良いでしょう。
一方、にきびや肌の赤みなどが肌に多い人や乾燥タイプの肌の方は、医薬品に分類されている保湿クリームが適しています。皮膚は乾燥すると痒みを生じる場合があります。ですが、肌に爪を立てると肌の状態は悪化してしまいます。乾燥肌の対策としては、尿素入りで保湿効果のあるクリームを使うのが良いようです。
保湿クリームには油分が含まれているので、気になる人はオイルフリーのジェル状の保湿クリームがおすすめですが、ジェル状の保湿クリームの保湿成分は蒸発しやすいそうです。保湿クリームを肌に化粧水などたっぷり送り込んだ後でつけることによって、皮膚からの水分の蒸発を防ぎ、みずみずしい肌を維持します。
肌を乾燥から守るには化粧水を肌全体に染みこませるだけでは不十分であり、保湿クリームで水分が逃げないようににする必要があります。アルコール成分が配合されている化粧水もあるようですが、アルコール分の多すぎる化粧品は肌の乾燥を助長する危険性があるので要注意です。
肌を乾燥から守り水分量を維持するためにも、質のいい保湿クリームを付ける前に、化粧水をたっぷり使って肌のに水分を与えてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする