お肌に潤いを与える保湿クリームの選び方

保湿クリームといえば顔への利用が一般的ですが、全身のスキンケアにも保湿クリームは役に立ちます。入浴後は全身がしっとりとしていますが、ほどなく水蒸気と一緒に蒸発します。肌の乾燥を予防するには、全身にまだしっとり感が残っているうちに、肌の潤い成分や皮脂成分が配合されたボディクリームを使ってください。
体全体に塗っても使用量がそれほど多くないような保湿クリームを選ぶと、全身の保湿効果を得る時に問題なく使えます。ベタベタしたものではなくしっとりと清潔に保ち、肌にハリや潤いを与える保湿クリームを選びましょう。保湿に役立つ栄養成分としてその保湿クリームには何が使われているかなどを見てから買いましょう。
細胞間脂質セラミドやスフィンゴ脂質レシチンなどは水分を維持する作用が強く、多くの保湿クリームに含まれているものです。たっぷりの水分をキープできる成分としては、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンがあり、これも肌の保湿には大事です。
吸湿力のある成分もチェックすべき保湿成分です。アミノ酸、尿素、PCA等の天然保湿因子、グリセリンなどです。保湿クリームに配合されている成分はとても種類が多く、化粧品関係だけでなく、サプリメントや食品系のものも入っています。
どんな保湿クリームが自分に合うか、じっくり検討してください。全身の皮膚のお手入れを保湿クリームなどですることで、肌トラブルのないきれいなもち肌を保ちたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする